日本HPが3Dプリンタ市場に参入

日本HPは、2017年このほど、業務用の3Dプリンタ「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」の日本での発売と、国内での販売をリコージャパンと武藤工業の2社が担当することもあわせて発表しました。

日本HPのプレスリリース(2017/6/20)

この「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」は、同クラスの既存3Dプリンタに比べ、最大10倍のスピードと半分のコストで、高い品質の工業用部材などを生産できるとのこと。発売するのはプロトタイプの試作に適した「HP Jet Fusion 3D 3200プリンター」と最終製品の製造にも対応できる「同 4200プリンター」の2機種です。

プリンティング時には、造形エリアで材料の積層と2種類のエージェント(溶解促進剤)を噴射しながら、ヒーターによる加熱を繰り返し固めていくことで、より速い加工と高い精度寸法、弾性のある製品の作成が可能です。

両機種で採用されている「HP Multi Jet Fusion テクノロジー」は、ボクセル(Voxel、3Dのピクセル)単位でさまざまな特性を付与可能で、「将来的には、ボクセル単位でカラーやテクスチャー、機械的特性を持たせたパーツを造形も可能になる」としています。

日本では「3200プリンター」が11月発売で、価格は未定。「4200プリンター」が約3800万円で、8月から発売されるとのことです。

今日から金曜(2017年6月21日~23日)まで東京ビッグサイトにて開催中の「第28回 設計・製造ソリューション展」でも展示されているみたいなので、現物を見てみたいと思います。私は最終日に行こうと思っていますが、楽しみです。


“日本HPが3Dプリンタ市場に参入” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です