ビルドプレートを自動交換して連続プリントできる3Dプリンタ「OPENCREATORS BS210」

先日、ベルトコンベアで動かしながら斜めに積層することで、無限に長い造形物を造形できる「BLACKBELT」を紹介しました。

無限に長い成形が可能な3Dプリンタ「BLACKBELT」(MonoMedia 2017/6/10)

本日も同じくキックスターターで資金調達中の3Dプリンタなのですが、ビルドプレートを自動交換して、連続プリントができる「OPENCREATORS BS210」を紹介します。以下紹介動画です。

「OPENCREATORS BS210」のキックスターターのサイト

3Dプリントが完了すると自動的にプレートを押し出して次のプレートをセッティングする仕組みで、最大10枚までプレートをセットできるようです。「BLACKBELT」と然り、量産への活用を見据えた新型3Dプリンタの開発が活発ですね。

最大造形サイズは210×210×250mmで、最小積層ピッチは50μm。位置精度はX/Y軸が12.5μm、Z軸が2.5μm、プリント速度は10~150mm/秒で、移動速度は0~250mm/秒で、2017年7月7日までクラウドファンディングを実施中です。

予定小売価格は3899ドル(約43万円)とのことです。精度や安定性などに課題はありそうですが、自動交換できれば、3Dプリンタの量産が可能になるため、大きな可能性を秘めた1台ですね。是非一度造形してみたいですね。