無限に長い成形が可能な3Dプリンタ「BLACKBELT」

3Dプリンタの造形物は大型化してきてはいるものの、造形可能サイズに制限があることが課題でした。本日ご紹介するのは、そんな3Dプリンタの限界を打ち破る画期的な3Dプリンタの「BLACKBELT」です。

「BLACKBELT」はキックスターターキャンペーンの開始からわずか15分で目標金額5万ユーロ(約600万円)を調達しました。以下紹介動画です。

「BLACKBELT」は、ABSやPLAといった樹脂を熱で溶かして層状に重ねて成形する、FDM方式(造形方式の詳細:3Dプリンタ造形方法)と同じ原理ですが、造形する台がベルトコンベヤーである点と斜めに積層していく点が特徴です。斜めに造形しながらベルトを動かすことで長さ方向は理論上無限に造形することが可能です。

作った物を移動させて箱などに落とすようにすれば、多数の成形物を自動的に作れるので、量産も可能です。

「BLACKBELT」は今年10月から出荷開始されるらしいので、是非一度使ってみたいですね。


“無限に長い成形が可能な3Dプリンタ「BLACKBELT」” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です