3DCAD大手、ダッソー・システムズが3Dプリンタの新事業を発表

主要CADソフトCATIAを提供する仏ダッソー・システムズは、メーカーと3Dプリンターの橋渡し役をする事業を始めると発表しました。
・出所:日本経済新聞(2017/6/6)

ダッソーがネット上で両者を仲介し、メーカーは製品や部品の設計情報や求めるコストを専用ページに送ると3Dプリンター製の模型が届く仕組みとのことです。

新サービスは9月から順次開始予定で、日本は2018年前半から利用できるようになるとのことです。ダッソーは、顧客となるメーカーが材料やコストなどの条件をもとに最適な3Dプリンティングの提供企業を選べるように仲介を行います。また、ダッソーが製品の支払い管理などを担い、顧客は試作品にとどまらず、多品種少量生産の最終製品までカバーする計画です。

“「製造がサービスになる」――。ダッソー・システムズ社のベルナール・シャーレス最高経営責任者(CEO)は6日、都内で開いた記者説明会でこう訴えた。オンライン経由の3Dプリンターでの製品受発注の試みは各地で広がっている。独SAPは米UPSと組み、翌日に製品が届くサービスを展開。SAPは企業の財務・会計や調達などあらゆるシステムを網羅する統合基幹業務システム(ERP)の大手。ソフトをつくって複製するのと同じ感覚で、製品をつくる時代が本格的に到来してきた。”と日経新聞では締めくくられています。

比較するのもおこがましいですが、オンラインで3Dデザインの作成・受発注が行える弊社MonoSalonや現在開発中のデジタル造形技術のクラウドソーシングプラットフォームのMonoConnectも目指す世界観は似ています。世界のモノづくり関連のソフトウェア大手(ダッソーとかSAPとか)が本格的にオンラインでの3Dデザインの作成・受発注の事業を展開してきているのはマーケット動向的には良い兆しですが、競争も激化してくるので、より独自性やUI/UXの向上を目指していきたいと思います。

 


“3DCAD大手、ダッソー・システムズが3Dプリンタの新事業を発表” への1件の返信

コメントは受け付けていません。