3Dプリンターをインターネットに繋げる『3DプリンターIoTキット』発売開始

​株式会社ミリメーターは、3Dプリンターをインターネットや社内LANから利用可能にする『3Dプリンタ IoTキット』(Baseセット 標準カメラ付き 1セット 税別55,000円)を2017年5月23日に販売開始しました。今年1月に開始した同社のフルオーダーシューズサービスにおいて運用コストを大きく削減した実績があり、日常的に3Dプリンターを利用する企業や個人にお薦めの商品とのことです。
プレスリリース(2017/05/23)

モノづくりの新たなスタンダードになることが期待される3Dプリンターですが、USBケーブルでパソコンに接続したり、SDカードなどの記憶媒体を使ってデータをやりとりするなど、インターネットに直接つなげることができないスタンドアロンの製品が多く、専門的なスキルを持った人にしか操作できない製品となっていました。

今回発売する『3Dプリンタ IoTキット』は、そのようなスタンドアロンの3Dプリンターをネットワークデバイスに進化させて誰でも利用できるようにするハードウェアです。ケーブルをつなぐだけで簡単にネットワークに接続することができ、外出先や別フロアなどの遠隔地から3Dプリンターの稼働状況を映像やログでリアルタイムに把握できるようになります。造形が上手くいかず頻繁にキャンセルされているといった運用課題を管理者が早期発見して改善したり、複数台の3Dプリンターをブラウザーで一元的に管理することによって日常の操作に関わるコストを軽減することができます。

今年1月から開始した同社の女性向けフルオーダーシューズサービスの木型製作において、5台の3Dプリンターに『3Dプリンタ IoTキット』を導入して運用をしたところ、専門的なITスキルを持たない靴職人も3Dプリンターを操作できるようになり、IoT化による製造コストの大幅な削減を実現したそうです。

商品の概要
今回発売した『3Dプリンタ IoTキット』は、3Dプリンターで最大のシェアをもつオープンソースのRepRap製品が対象。キットの筐体自体も3Dプリンターで製作されており、14色から好きな色を選ぶことが可能。Baseセットは、標準カメラ付きで 1セット 税別55,000円。

3Dプリンタを複数台運用している事業者にとっては便利な製品かもしれませんね。