Formlabsが光造形3Dプリンタの2種類の後処理装置を発表

MIT出身で、光造形方式(3Dプリンタの造形方法の詳細)の3Dプリンター装置ベンチャーの米Formlabsが、二種類の後処理装置をリリースしました。
FormlabsのHP

Form Washはクリーニング用装置で、Formシリーズで3Dプリントした造形物を自動的にクリーニングするそうです。

Form CureはForm Washで洗浄された造形物を最適に硬化させるための装置です。

Form WashとForm Cureの紹介動画はこちら。

光造形方式はFDM方式(3Dプリンタの造形方法の詳細)の3Dプリンタより精密な3Dプリンティングが可能とされていますが、後処理が大変でした。今回リリースされた後処理装置を使う事で、クリーニングやポリッシングなどを手作業で行う事なく後処理が可能になるとのことで、光造形の導入ハードルがぐんと下がるのではないかと思います。

本日紹介したFormlabsはMIT出身者が設立したベンチャーですし、最近紹介した建設用3Dプリンタやロケットエンジンでの3Dプリンタの活用などMITは3Dプリンタの活用に積極的(以下参照)ですね。日本の大学の工学部にも頑張って欲しいところですね。
MITが建設用3Dプリンタを開発(MonoMedia 2017/5/3)
MITが3Dプリンタでロケットエンジンを作成(MonoMedia 2017/5/4)


“Formlabsが光造形3Dプリンタの2種類の後処理装置を発表” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です