Zortraxがフィラメントをオープン化!

今日は少しコアなネタについてです。

デスクトップ3Dプリンタの中では評価の高いポーランドのZortrax社ですが、これまでは純正フィラメントのみの対応でしたが、この度オープンフィラメント対応に方針転換したそうです。
Zortrax社HP
All 3DPニュース(2017/4/28)

同社CEOラファル・トマシアク氏は「Zortraxのユーザーの、純正フィラメント以外のフィラメントを使いたいというニーズへ対応した」とコメントしています。(以下ユーザーのコメント動画)

同社では自社3Dプリンタ管理ソフトZ-Suiteを3Dプリンタと共に供給していますが、Z-Suiteの対象フィラメントに純正フィラメント以外のフィラメントを追加することで実質的にオープンフィラメント化するようです。

3Dプリンタ装置メーカーは、使用可能なフィラメントを純正品に限定するクローズドフィラメント戦略を採るメーカーと、純正品に限定しないオープンフィラメント戦略を採るメーカーに二分されていますが、個人的には素材メーカーの研究開発も進んでいますので、今回のZortrax社のようにオープン化が進んでいくのではないかなと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です