MITが3Dプリンタでロケットエンジンを作成

昨日(MITが建設用3Dプリンタを開発)に続き、MITの3Dプリンタのネタを紹介します。

MITによると、2017年4月21日、3Dプリンタで出力したロケットエンジンの動作試験を行ったそうです。ロケットエンジンを金属3Dプリンタで出力する試みはすでにSpaceXやNASAなどが行っていますが、樹脂を用いるものはこれが初めてとのことです。

研究チームは、メタル3Dプリンタは全般的に高価であり、ローコストを志向した樹脂を用いた手法で大きなエンジンを製作することや、さらなる耐久性の向上や実際に飛行可能なエンジンの作製につながる研究を続けていくと述べています。

・出所:http://rocketry.mit.edu/2017/04/100-3d-printed-solid-rocket-motor


“MITが3Dプリンタでロケットエンジンを作成” への1件の返信

コメントは受け付けていません。