デスクトップ型金属3Dプリンタ

これまで、金属の3Dプリンタは数千万円~数億円と高価で、設置場所も選ぶため、手軽に導入できるものではありませんでした。本日はそんな常識を覆すFDMのようなデスクトップ型の金属3Dプリンタを紹介します。
Desktop Metalのサイト

米Desktop Metalの発表では価格は49,900ドル(約550万円)。決して安くはありませんが、従来型の金属3Dプリンタに比べると大幅に安くなっています。

Desktop Metalが採用する造形方式は一般的なハイエンド金属3Dプリンタが採用しているSLS方式とは違い、FDM方式のような仕組みで造形するので、一般の事務所にも設置可能なようです。しかも一般的なSLS方式のメタル3Dプリンターの約100倍のスピードで造形する事が可能ということで、早い・安いを実現しています。

Desktop MetalはMITの関係者らが設立したベンチャーで、グーグル、GE、BMW、ストラタシスなどが総額9,700万ドル(約106億円)もの資金を投資しています。

確かに金属3Dプリンティングが現在のFDMのように普及してくれば、それこそインダストリー4.0が現実になってくるので、革命的だと思います。金属3Dプリンタにおいても、相変わらず日本勢の元気が無いのが残念です。