3Dプリンタ業界のトレンドレポート 2017年第二四半期

オンライン3D印刷サービスプラットフォームを展開するオランダの3D Hubsは、2017年第2四半期のトレンドレポートを発表しました。
3D Hubsのリリースページ

このレポートは8,624件の実際のユーザーレビューに基づき、3Dプリンタのランキングや用途が詳細にまとめられています。非常に興味深い内容なので紹介したいと思います。

まず3Dプリンタ装置のランキング。デスクトップ型の1位はOriginal Prusa i3 MK2という日本では見かけないタイプだったようです。工業用の1位は日本でもおなじみのProjet 3500 HDMaxとのことです。

続いて、トレンドの3Dプリンタランキング。1位はオランダUltimakerの新機種Ultimaker 3 Extendedだったようです。以前MonoMediaで紹介したRaiseシリーズは7位にランクインしています。

続いて、3Dプリンタの普及している都市ランキング。1位はNYです。日本の都市は10位に入っておらず、寂しい限りです。

地域別の3Dプリンタのランキングです。北米・南米はMakerbot、欧州・アジアはUltimakerとの構図です。

海外で盛り上がりを見せる3Dプリンタ業界ですが、それとは対照的に日本では盛り上がりに欠けている感があり、少し寂しいですが、海外のトレンドはウォッチしていこうと思います。