Kickstarterで好評なデジタル編み機

デジタル造形機の代表格といえば3Dプリンタやレーザーカッターですが、デジタルミシンなど、布系のデジタル造形機もあります。本日はその中でもこれまであまり目にすることの無かった「デジタル編み機」について紹介します。

先日キックスターターで発表された「Kniterate」は、ニットを編むためのデジタル自動編み機です。Kickstarterではスタートから僅か1時間で目標額$100,000を突破し、目標額の2倍以上の資金調達に成功しているようです。価格はアーリーバードが$4,499(既に完売)、通常モデルが$4,699(限定100台)となっています。
Kickstarterのサイト

現在の業務用自動編み機は数百万円と高価ですが、「Kniterate」は50万円程度のため、デスクトップ型の3Dプリンタと同程度です。さらに、機械だけでなくクリエイターのコミュニティ作りも目指しているそうです。

サンプルのニット。

ニット素材の靴も作れるみたいです。

日本のFab施設にも近々導入されるかもしれないので、是非一度使ってみたいと思います。