京大がバイオ3Dプリンターを用いて神経再生技術を開発

京都大学医学部附属病院の松田秀一教授、佐賀大学中山功一教授らの研究グループは、株式会社サイフューズと共同で、末梢神経損傷に対する新しい治療法として、バイオ3Dプリンタ「Regenova」を用いた神経再生技術の開発に成功したと2月27日に発表しました。同研究成果は2月13日、米国の科学誌「PLOS ONE」電子版で発表されたそうです。
プレスリリース


写真:左から、池口准教授、青山准教授、下浦早英子 医学研究科2回生、田中麻衣 同研究員、秋枝取締役、辻真奈美 株式会社サイフューズ研究員とバイオ3Dプリンター「Regenova」

“従来の末梢神経損傷に対する治療は、自己の健常な神経を犠牲にする自己神経移植術治療が主流です。自己神経を犠牲にする治療を回避する目的で人工神経の開発が行われていますが、自家神経移植術を超える成績は得られていないため、一般普及しないのが現状です。そこで本研究グループは、サイフューズ社の持つバイオ3Dプリンター技術を用いて、細胞のみから成るバイオ三次元神経再生導管を開発することで、人工神経をはるかに超える神経再生効果を得ることに成功しました。今後、非臨床 POC 取得、非臨床安全性試験をクリアした後に、医師主導治験を 3 年後に開始する 予定で進めている。”とのことです。

例えば、従来ならば事故で手の神経を失った場合、健常な足の神経を犠牲にして手に移植していたのが、今後は足の神経を犠牲にすることなく、事故で失った手の神経そのものを3Dプリンタで作れるということのようです。これはすごく社会的意義の大きい技術ですね。バイオ系の3DプリンタはSFのような話が現実になりつつあるので、今後も注目して行きたいと思います。

最近の京大は再生医療系の研究ネタが多く、それはそれですばらしいことなのですが、工学系の3Dプリンタのネタもあるといいなと個人的には思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です