八十二銀などのファンドがスワニーに5000万円投資

今日の日本経済新聞に「スワニ-、樹脂製型事業を強化 八十二銀などのファンドが投融資」の記事が出ていました。日経によると ”八十二銀行と政府系の地域経済活性化支援機構(REVIC)が運営する「八十二地域産業グロースサポートファンド」から28日に投融資を受け、試作・開発に使う樹脂製の型を3Dプリンターで製造する「デジタルモールド」事業を強化する。金額は5000万円、期間は2025年まで。設備投資や部品設計者の新規雇用などに資金を活用する。” とのことです。
日本経済新聞
プレスリリース

スワニーのデジタルモールドは3Dプリンタの展示会では常連で、昨年は「2016年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞 日経産業新聞賞」を受賞しています。
2016年日経優秀製品・サービス賞の特集ページ

そこで本日はスワニーのデジタルモールドを紹介したいと思います。スワニーのHPによると ”デジタルモールドは、3Dプリント樹脂型を用いてABS、PS、POM、PPなどの熱可塑性樹脂樹脂を射出成形する最新技術です。また、メタルインジェクションモールドやプレスにより金属部品の試作製造も可能になりました。迅速で安価に量産材料で試作部品や小ロット部品を製造することができます。” とのことです。

要は3Dプリンタで製品自体の造形をするのではなく、従来の製造プロセスにおける「型」の作成を3Dプリンタでやってしまうということです。確かに金型の作成には膨大なコストが掛かりますので、それを3Dプリンタで手軽にできるのは便利ですね。また実際の量産材料で試作できる点も魅力的だと思います。

射出成型の型としての活用。

ロストワックスの型として活用(別途鋳型が必要)。

樹脂で板金をプレスも可能。

3Dプリンタを活用したモノづくりの新たな方法として、デジタルモールドは今後も注目の技術だと思います。

出所
有限会社スワニーHP


“八十二銀などのファンドがスワニーに5000万円投資” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です