デジタルなモノが買える&学べる「メイカーズラブ・ショップ」がオープン

デジタル造形関連の情報を発信しているサイト「メイカーズラブ」は、3Dプリンタやレーザーカッターで作った商品の販売を2月16日に開始しました。
プレスリリース
メイカーズラブ・ショップ

特徴は、商品が買えるだけでなく、作り方が学べることで、これは業界初の試みとのことです。

販売サイトではレーザーカッターと3Dプリンタの造形物を組み合わせて個性的なデザインの照明が販売されています。価格は5000円~12000円です。

また、商品は作り方も公開されていて、デジタル造形のスキルや装置があれば自分で作ることもできます。このような販売方法は、業界初の試みとのことです。

メイカーズラブでは、これまで3DCADやレーザーカッターの講習を開催してきたそうですが、実際に商品作りをしている人が少ない現状に課題を感じ、今回作り方と共に商品を販売することに至ったそうです。

プレスリリースでは”「メイカーズラブ・ショップ」の商品に触れていただくことで、デジタルな物作りにチャレンジする人が増えるといいなと考えています。”と今回の意気込みが語られていました。私も今後デジタル造形がどんどん盛り上がっていくことを期待しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です