「3D Printing 2017」に行ってきました

2月15日から本日(2月17日)まで東京ビッグサイトで開催されていた「3D Printing 2017 Additive Manufacturing Technology Exhibition」に行ってきました。3Dプリンタ関連では、60社/団体がブースを出しており、最新の装置が展示されていました。
開催概要はこちら

■Stratasys
先日MonoMediaでも紹介させて頂いた、最新のF123シリーズの実機が展示されていました。

■Raise/日本3Dプリンター
先日MonoMediaでも紹介させて頂いた、最新のRaise 3Dの実機が展示されていました。大型の造形物はかなりインパクトがありました。

■フュージョンテクノロジー
こちらは新型機種はありませんでしたが、3Dプリンタで作成したほぼ等身大の美少女フィギュアが目立っていました。

■OPT
戦国武将の照明(スマホで色々なカラーに制御可能)

■日本バイナリー
デスクトップのバイオプリンタも展示されていました。人の細胞から生きた組織を作れるそうです。

最近発売の新型3Dプリンタはそこまで多くなかった気がしますが、一度に沢山の装置が見れる展示会はやはり面白いですね。装置以外にも後処理や素材などの展示もありましたので、それについては別途整理したいと思います。


“「3D Printing 2017」に行ってきました” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です