3Dデザインの種類

3Dプリンタはまだまだ装置自体の性能の限界も多々ありますが、理論上は「何でも作成」することが可能です。装置自体の性能は日進月歩で進化していますから、造形の精度・速度・コストは今後どんどん改善されていくと思います。ただし、装置がどんなに高性能になっても「何でも作成」できるとは限りません。当たり前ですが、3Dプリンタで作成する元となる「3Dデータ」が必要になります。「何でも作成」するためには「何でも3Dデータ」にする必要があり、実はそれが一番難しいと思っています。

そこで3Dプリンタで何かモノを作るにあたって必須となる3Dデータの種類について簡単に整理したいと思います。データの種類は大きく3DCADと3DCGの2つがあります。

●3DCAD:3 Dimensional Computer Aided Design
“工業製品や建築物の設計・製図を行うCADの種類の一つで、造形物を立体的に表示・編集して作図を行うもの。対象を3次元空間上の点や線、面などの組み合わせによって構成するもので、様々な基本的な立体図形(直方体、球、円柱、円錐など)を繋ぎ合わせたり、その形に削ったりして立体を形作っていく。完成した3Dモデルを特定の視点・角度から投影した図を設計図面として利用する。”
出所:IT用語辞典

●3DCG:3 Dimensional Computer graphics
”空間や立体など3次元の存在を、コンピュータの画面に投影して描画した画像や映像のこと。架空の空間や物体などを画像や映像で表現する3DCG技術はコンピュータの応用分野の一つとして大きく発展しており、コンピュータゲームをはじめとする様々な分野に応用されている。”
出所:IT用語辞典

3DCADは寸法等を細かく定義できるため工業製品向け、3DCGはポリゴンという多角形を組み合わせて表現するため人物などの有機的な形状に向いています。端的にいうと3Dプリンタでスマホケースを作るときは3DCAD、フィギュアを作るときは3DCGというように対象物によって使い分ける必要があります。

最近は3DCADも3DCGもプロ仕様並みの高性能な無料ソフトもでていますので、これらのソフトを使いこなすことで、3Dプリンタに欠かせない3Dデザインを作成することができます。

※3Dデザインのフリーソフトは以下に紹介されています。
フリーで使える無料3Dソフトをご紹介
3Dプリンター用データを作れる無料3Dソフト一覧

3Dデザインに関しては私も日々勉強中ですので、個々の3Dデザインソフトやデザイン上のテクニックなどを整理していきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です